2007年06月25日

クジラの島の少女/ニキ・カーロ監督を観て

クジラの島の少女/ニキ・カーロ監督を、ツタヤオンラインTSTAYAでDVDレンタルして観ました。
ニキ・カーロ監督って、女性なんですって。
ちょっと驚きましたね!
だって、主人公の女性を淡々とカメラに収めている、って感じの映像でしたから。

淡々と、なんだけど、
主人公の少女(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)はなぜ、父親と一緒に暮らさずにおじいちゃんの元に残ったのか、
なぜ伝統を受けつごうとしたのか、
それがズシズシと伝わってくる、観ているうちに伝わってくる、
底力がある感じがしました。


cover
「クジラの島の少女」ニキ・カーロ監督)



ニキ・カーロ監督のシャーリーズ・セロン「スタンドアップ」も観たけれど、どちらの映画も主人公の女性が、女性に対する差別に負けずに立ち向かっていく作品でした。
どちらも力強い作品なんです。
特に「スタンドアップ」は、男性監督かと思っていました。


さて、
ニュージーランドの先住民族マウイ族のお話でした。

長男があとを継ぐならわしでしたが、
祖父の長男には娘しかいませんでした。

長男は、
あとを継げという祖父に反発し、
芸術の世界で仕事をするためにヨーロッパに出て行きました。

次男は、
あとを継ぐ才能もあったのですが、
次男だから、問いことで祖父が許しませんでした。


長男の子は、
双子の男と女が生まれたのですが、
男の子と妻が出産で亡くなりました。

妻が死んですぐに、
祖父は次の嫁をもらえと長男に言うんです。

そんな”不幸な誕生”だった孫娘を、
祖父は、やっぱり”おじいちゃん”として愛しかわいがっていました。


でも、やっぱり孫娘は”女性”なんですよね。
祖父のあとを継ぐものではない。

孫娘は、
踊りや祖先の歴史などを学ぶのがスキだったですね。

でも女だから、といって、
祖父に受け入れられなかった。

それなのに、
父親と一緒にヨーロッパには行かなかったんです。
島に残ったんです。

”女でも”、
マウイの伝統や祖先のことなどが、
大好きで生まれついていたからだと思います。


それと、
自分の父親が故郷を捨ててヨーロッパに出て行った穴埋めを、
祖父のためにしたいとも思ったんだと思います。

自分が好きなもの(=マウイの伝統)で、
祖父の役に立ちたいと思ったんだと思います。

女だけど、とか、
男じゃないけど、
なんていう強がりは少女にはなく、
ただひたすら、マウイが好きだという気持ちがあったから、
奇跡(=クジラが来る)も起こしたんでしょうね。


「クジラの島の少女」も「スタンドアップ」とも、アカデミー賞にノミネートされていました。
「クジラの島の少女」は、
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ(主役の少女)がアカデミー主演女優賞に13歳の最年少でノミネートされたニュージーランド映画です。




「クジラの島の少女/ニキ・カーロ監督」のトップページに戻る
posted by クジラの島の少女 at 05:55| クジラの島の少女/ニキ・カーロ監督を観て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□■   月額2,079円で、レンタルDVDが借り放題!!   ■ ■□■    DVDレンタル配送無料サービス【TSUTAYA DISCAS】 ■□ □■ 最大1ヶ月(30日間)は無料お試しキャンペーン実施中! ■□■ ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□ http://s15.j-a-net.jp/gateway/click.cgi?a=135585&d=17428&u= ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。